この度島根県を会場とし、第9回中国ブロック活動分析研究大会を開催する運びとなりました。大会テーマは「ADLへの更なる挑戦」とし、山梨県の甲府城南病院で作業療法士として活躍され、全国的にも知名度の高い助川雄紀先生をお招きし特別講演の予定をしております。

今回は中国ブロック研究大会を島根県で開催します。中国地方を中心としたセラピストと共に意見交換や実技練習をする場も設け、大変充実した内容となっております。貴重な学びと出会いの機会となっておりますので万障繰り合わせの上、ご参加いただきます様よろしくお願い申しあげます。

 

タイトル:「ADLへの更なる挑戦」

大会長:出雲医療生活協同組合 出雲市民病院 作業療法士 青木竜太朗

内容:一般演題発表・特別講演・シンポジウム・実技提示等

講師:助川 雄紀 先生(甲府城南病院 作業療法士)

「右片麻痺、体幹失調、複視を呈した症例との歩行獲得」~ショッピングカートの特性を活かして~

日時:2019年11月24日(日曜日)10:00~17:00 (予定)

場所:学校法人仁田学園 島根リハビリテーション学院 (駐車場あり)

〒699-1511  島根県仁多郡奥出雲町三成1625番地1

参加費:3000円

定員:60名(先着順)

懇親会:松江駅周辺にて予定しています。参加費は5000円程度

参加申し込み:ポスターの「QRコード」より申込みフォームへ行き必要事項を入力し申し込み下さい。

不明な点または、メールでの申し込みは下記のアドレスにてご連絡下さい。

「shimane.katsubun@gmail.com」件名に「中国大会参加申し込み」と明記の上、①氏名②所属③職種④経験年数⑤メールアドレス⑥懇親会参加の有無⑦領収書の有無

申し込み締め切り:2019年11月10日(日曜日)

※参加者には作業療法協会生涯教育基礎ポイント1ポイントを付与します。(領収書:有に設定)

第9回中国ブロック活動分析研究大会・第5回島根活動分析研究大会のご案内

 

第9回中国ブロック活動分析研究大会・第5回島根活動分析研究大会のご案内