日時:12月14日(土)14:00〜17:00

場 所:出雲市民リハビリテーション病院(出雲)

内 容(調整中):

*保育所等への訪問支援の現場より 〜ニーズを捉え、協働していくために〜

…石飛優・女鹿田幹子(出雲市民リハビリテーション病院)

*みんなで考えよう! 保育所への訪問支援と取組み〜今後に向けて

…腰野涼太(東部島根医療福祉センター)

参加費:1,000円

===============

申込(〆切:12月12日) / 問合せ:引野里絵(Rie Child Support)

メール:girasol_905@yahoo.co.jp

電 話:090-9467-4732

①お名前・②所属・③当日繋がる電話番号 をお知らせください。

**FAXでの申込は調整中です**

〜〜〜 子どもに関わっておられる作業療法士の皆さんへ 〜〜〜

近年、いわゆる発達障害と言われる子どもたちが、病院や施設を利用するようになりました。島根県内でも身障や精神、老人領域の病院や施設で、子どもも対象としておられる作業療法士の方が増えています。

子どもの成長は、家庭及び保育園や学校など、子ども達の暮らしの現場での作業参加、作業遂行の質も大きく影響します。私たち作業療法士は、彼らの日々の暮らしをできるだけ具体的に知りながら、作業療法室などでの子どもの姿と併せて関わっていく必要があることを強く実感する日々です。また、平成24年度から始まった保育所等訪問支援事業や放課後等デイサービス事業では、子どもたちの暮らしの現場での作業療法士の活躍も期待されているところです。

今年度発足した、特別支援教育と作業療法委員会では、子どもたちの暮らしの現場を知り、暮らしの現場に具体的に関わり、他職種と協働する作業療法士が増えること及び、地域に啓発することを目的に年間3回の研修会を企画しました。多くの作業療法士の方と一緒に学んでいきたと思っていますので、是非ご参加ください!

 

特別支援教育と作業療法委員会一同

子どもの暮らしの現場を知ろう!保育所等への訪問支援・協働的コンサルテーション 〜 基礎研修vol.2 〜