生涯教育手帳の移行手続きはお済でしょうか?協会への手続きは、2021年3月31日を期限に、1人1回までの登録ですので、お気をつけ下さい。手続きやシステム操作方法等については、協会ホームページをご確認下さい(https://www.jaot.or.jp/continuing_education/)。

*手続き前に県士会生涯教育部よりお願い*

手続きの際は、2019年度(~2020年3月31日)までの基礎ポイント添付の忘れがないようにお願いします。県士会生涯教育部の対応として、2019年度までの基礎ポイント押印またはシールの給付、現職者共通研修「10.事例報告」の読み替え申請等は、2020年12月末までを期限に対応致します。

【ポイント給付・読み替え申請方法】

現在、感染対策の為、郵送での対応のみ行っております。希望される場合は、切手(定型郵便25g以内の場合、84円分)を貼った返信用封筒を同封して個人負担でお願い致します。研修会の領収書または参加証、発表の場合は抄録等の参加が確認出来る書類を必ず同封して下さい。また、手帳の基礎ポイント欄に予め、日付と研修会名を記入し郵送して下さい。郵送される前に必ず、下記の問い合わせ先にご連絡下さい。

【ポイント・読み替え申請に関するお問い合わせ前にまずはご確認を!】

現職者共通・選択研修 研修シラバス・運用マニュアル(第4.0版)

https://www.jaot.or.jp/files/page/wp-content/uploads/2014/04/genshokusha-syllabus-manual-ver4.0_2018_04.pdf

共通研修 ⑩事例報告読み替えに関してお困りの方は→P4

共通研修 新旧テーマ名は→P50

他団体・SIG認定のポイント数は→P51

基礎研修受講記録記入方法は→P53

 

他団体・SIG認定についての一覧は→https://www.jaot.or.jp/member/sig/

 

県士会問い合わせ先shimanekyouiku@gmail.com   生涯教育部長 岩本 悠 宛

【重要:生涯教育部より】生涯教育システム稼働に伴う生涯教育手帳移行手続きのお願い(再信)