療法士にとって共通する「 機能解剖学的な知識 」と「ADLの各動作特有知識」を身につけること 」を身につけること 」を身につけること 」を身につけることで根拠に基づくADLアプローチを確立し展開ていくことが可能なります。研修会では、排泄動作に関する基礎知識から即時効果の高い治療技術まで学ぶことがきます。各会場で整容編、排泄編と各テーマごとに開催されます。是非ご参加ください。

【整容編 】

<日時 >平成 30 年 6月 23 日(土)10:00~16:00

<場所 >エル・大阪708(大阪市内)

<詳細 >https://goo.gl/BEWWjv

【排泄編 】

<日時 >平成 30 年 7月 28 日(土)10:00 ~16:00

<場所 >ドーンセンター 大会議室2(大阪市内)

<詳細 >https://goo.gl/oeL4Dp

(以下共通 )

<対象>作業療法士 ・理学療法士・言語聴覚士

<料金>8,640円(税込)

<講 師>作業療法士,IAIR認定インストラクター

<定員>40 名(※申込先着順)

【整容編内】

  • 整容動作に必要な肘関節と前腕の解剖学的・整容動作に必要な肘関節と前腕の解剖学的・ 運動学的知識
  • 整容の動作分析
  • ADL に必要な握力・ピンチ力
  • 整容動作に対するアプローチ
  • その他、整容動作に関する知識

【排泄編内容】

  • 排便、尿の機能解剖学的知識
  • 排泄の動作分析
  • 排泄動作・下衣操に対するアプローチ
  • その他、排泄動作に関する知識と技術

※下記にQRコード含む詳細な資料ございます。参照ください。

 

ADLの根拠に基づくアプローチ~整容編&排泄編~