精神科疾患を持つ方の生活習慣病や、高齢化による身体機能の低下に対して、身体運動による支援は精神科作業療法における重要な手段と言えます。しかし、運動プログラムを運用する為には、精神科疾患における心身機能の状態や、実施におけるリスク管理、展開方法といったノウハウが欠かせません。 本研修は精神科作業療法において運動プログラムを推進されている、高橋章郎先生(首都医校)、早坂友成先生(杏林大学)をお招きし、講義に加え実技を実施します。精神障害領域のみならず、他領域に従事する作業療法士においても、精神身体合併者への支援の一助として、参加を歓迎致します。

 

1.開催日時:平成30年10月21日(日) 10時00分〜16時00分(9時30分受付開始)

2.開催場所:専門学校社会医学技術学院

3.申し込み方法 下記URLにアクセスの上、必要事項をご記入下さい。受講票が自動返信されます。尚、ドメイン指定をされている方は@gmail.comの受信設定をお願い致します。また、お申し込み頂いたにも関わらずメールが来ない場合、必ず下記アドレスまでご一報をお願い致します。

4.参加費:4000円(非会員:6000円)

5.お申し込みURL(10月14日締め切り)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d0421538573514

6.お問合せ先 kyouiku.seishin@gmail.com (帝京平成大学:原口晋一)

 

東京都作業療法士会主催基礎ポイント研修『運動を精神科作業療法の手段とする』