京都にて第2回「ひとと作業・生活」研究会学術集会が開催されます。事例を通して臨床をとらえる貴重な機会となります。ぜひご参加ください。

 

【テーマ】

作業療法臨床の知 ~個人的体験の中にある普遍性~

【日時】

平成30年12月1日(土) 13:00~18:00 , 12月2日(日) 9:00~12:30

【会場】

京都市勧業館 みやこめっせ 大会議室 (京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)

【スケジュール】

12月1日(土)

12:30 受付開始

13:00~14:00 「目の前の利用者さんに向き合う臨床の知 ~子どもの場合~」

岩崎 清隆 (作業療法士,NPO法人ぷねうま群馬)

14:00~15:00 「老い入門 個人的体験より」

浅海 奈津美 (作業療法士,JICA senior volunteer Thailand)

15:00~16:00 「私の個人的体験 ~園芸療法の場合~」

澤田 みどり (園芸療法士,日本園芸療法研修会代表理事)

16:00~17:00 「私の個人的体験 ~音楽療法~」

三宅 聖子 (音楽療法士,ミュージックasパレット)

17:00~18:00 「私の個人的体験 ~作業療法の場合~」

山根 寛 (「ひとと作業・生活」研究会 主宰)

12月2日(日)

9:00~10:30 シンポジウム「臨床の知~個人的体験の中にある普遍性~」

岩崎 清隆

浅海 奈津美

三宅 聖子

山根 寛

10:40~12:10 「作業療法臨床の知(仮)」

山根 寛 (「ひとと作業・生活」研究会 主宰)

12:10~12:30 質疑応答,終了

【参加費】

6,000円(学生2,000円) ※1日のみの参加は4,000円(学生1,000円)

【お申込み・お問い合わせ】

氏名・所属を明記の上,事前にメールにてお申し込み下さい.なお,参加に際して職種は

問いません. ※ 11月17(金)締め切り

申込アドレス : ziziyama.shol@gmail.com (事務局:白岩圭悟,庄治なつみ)

 

第2回 「ひとと作業・生活」研究会 学術集会