タイトル:第30回作業療法臨床実践研究会セミナーのご案内

 

テーマ:「OBP×Recovery」

作業療法は近年「作業に根ざした実践」(Occupational Based Practice; OBP)が注目されています。一方で現代の精神科リハビリテーションでは、当事者が病を抱えながらも自分らしい生き方を追求するプロセスである”Recovery”が主流にあります。

本研修ではOBPとRecoveryについてそれぞれの専門家をお招きし、概念の理解から実践応用までを学びます。

精神障害領域の作業療法の本質に迫る2日間。ぜひお越し下さい。

 

日時:2019年7月20日(土),21日(日)

場所:東京工科大学(蒲田キャンパス)

対象:作業療法士,精神医療従事者,精神医療に興味のある方

参加費:3000円(複数名でお申し込みの場合2000円)

学生無料

 

特別講師

京極 真(吉備国際大学 教授)

1976年大阪生まれ。作業療法士、博士(作業療法学)、YouTuber。吉備国際大学ならびに同大学大学院教授。首都大学東京大学院博士後期課程修了。作業療法理論に関する研究を専門とし,信念対立解明アプローチを開発。現在は新理論「OBP2.0」を共同開発中。主な著書は「精神領域の作業療法」「作業で創るエビデンス」など。YouTubeアカウント(https://www.youtube.com/user/KyougokuLab )

 

大橋 秀行(南浜中央病院 作業療法士)

2006年に埼玉県立大学教授およびNPO法人精神科作業療法協会理事長就任。第45回日本作業療法学会会長(学会テーマ「意味のある作業の実現」)。2019年4月より現職。ボストン大学リハビリテーションセンターの「技能プログラミング」の普及、医療観察法病棟に「当事者研究」を導入する活動を展開中。

 

 

プレセミナーのご案内

日時:2019年7月19日(金) 15:30〜17:00

場所:東京工科大学(蒲田キャンパス)

テーマ:地域移行 地域生活支援と精神科作業療法

講師:宮崎 宏興 先生(NPO法人いねいぶる 理事長)

主催:東京工科大学 清家ゼミ

参加費:無料

 

専用申し込みフォーム        https://forms.gle/439syzdMSjQef9U99

作業療法臨床実践研究会HP http://otcp.kenkyuukai.jp/special/?id=7950

お問い合わせ 清家 庸佑(東京工科大学)obprecovery2019@gmail.com

第30回作業療法臨床実践研究会セミナーのご案内

 

第30回作業療法臨床実践研究会セミナーのご案内ポスター