コロナ禍において学生にどのように臨床経験を積んでもらうか?それができない場合、学内実習のあるべき姿とは?全国の作業療法士が頭を悩ませていることだろうと思います。今回はコロナ禍における養成校と実習病院・施設の双方の立場から、クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育を一緒に考えましょう。

大会長 務台 均(信州大学)

 

日時:令和3年2月7日(日)13時00分-16時00分(受付開始12時30分〜)

場所: オンライン(Zoom使用)

プログラム

大会長講演:務台 均氏 (信州大学) 『Withコロナでの学内教育』

教育講演:鈴木 孝治氏(藤田医科大学)『Withコロナでの作業療法参加型臨床実習』

パネルディスカッション:養成校と実習病院施設それぞれの立場から

 

参加費:会員1000円  非会員2000円

※申し込みと同時に会員申し込み可 年会費3000円)

※日本作業療法士協会生涯教育制度基礎コース 1 ポイント付与

対象:作業療法教育に関心のある方 定員100名

申し込み

Peatixというイベント管理サイトにてお申し込みを承ります。下記のURLからお申込みください。

https://ccs-ot-6th-congress.peatix.com/

 

お問い合わせ

クリニカル・クラークシップに基づく作業療法教育研究会事務局

ccs_ot_education@yahoo.co.jp  担当:野村

 

第6回クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会 研究大会